So-net無料ブログ作成
検索選択

デスノート12巻読みました [デスノ的]

DEATH NOTE 12 (12) 表紙にLが!
と、まずそれだけで満足したり(笑)
月、ミサ、メロ、ニア、Lのメンツで
キラとL(候補)揃い踏みで締めって感じかな?
ミカミンは自分をキラと意識したことはなかったので
外れると。
11巻で出ちゃったしね。


以下内容のネタバレあります。
いらないかもですが一応隠しておきますね。
毎度ながらLびいき。
ちょっとずつ書いたら結局無駄に長い。長すぎか。


全体としては「月とL、一対一の戦いの物語」の
再確認という感じでした。
「あなたがキラです」とニアが動かぬ証拠を月につきつけ
月がそうだ僕がキラだと言った時点で、デスノートの本筋は
終わったと思います。
あとはこれまで広げてきた残りをたたみ、噛みしめ、
飲み込み、消化していくだけ。
それも大事な終わらせるための仕事なんですが。

マットとメロが死んでしまう場面はコミックスで初めて
読んだのですが、この漫画だからとはいえ可哀想でした…
マットはキラ社会をなめた迂闊さであっさりやられてしまい
メロは女の高田にほんの少し情けをかけたのが仇でした。
トラックのハンドルに伏せる姿勢で死んでいたということは、
最後まで高田を振り返ることはなかったのかな。
悪いことしててもなぜか憎めないキャラだったメロ
じつはこの漫画で一番性格まともだったかもしれないなー。
高田の身ぐるみはがす場面で、Lならその後高田を拘束したと思うし
ニアは容赦なく裸にしそう。

ニアっていまでも女の子に見える
だったら腐れ的にはおもしろくないけど
少女大好き作家的には激ツボいきなりニア萌え

ニアはメロの死をどう思ったとは描かれてませんが
メロのぶんまで「L」を背負った実感はあったと思う。
Lの指人形をはめてみんなに指示を出し、
クライマックスで月と対決するときは、
Lのお面つけて月を待ってた。
このお面、知ってたから普通に受け止めたけど
知らずに見たら泣いてただろうな……
笑ったという感想もあちこちで見たけど私は泣ける。
なんだかんだ言ってもニアは月と直接対峙するのに
Lの力を借りる思いがあったんだろうし、
月に対して、Lの魂がどこにあるかを
見せてやりたかったんだろうなと思うと。
が、いっぽう月は月で、
お前なんかLの面をつける資格ないだの
Lなら絶対こうしただの、相変わらず顔つきで回想しちゃって
自分こそ誰よりもLを知る者と確信してる。
Lの取り合いか!
こうしてL最強伝説が生まれるんだな。

どうでもいいけどLにあれだけ似てるお面や人形を作れるなら
ニアは、話に聞いただけじゃなく、Lの顔を見たことあるんだよね…
Lが写真を残すとは思えないので、直接会ったことあるんだろうか
このへん考えるとドラマができそう。

その後の推理対決は
きっと100万ブログくらいで言われてるでしょうが
これだけの戦いを決着づけるトリックとしては
ちょっとしょっぱかったような気がします。
私は論理やトリックの無理矛盾は構わないんだけど、
ドラマとして盛りあがりに欠けるのがさみしー。
一部で火口を追いつめたときの、派手派手な展開のとどめにキラ復活!
みたいな衝撃があったらよかったな。

キラ様の演説は馬鹿と言われても私にはわかりません。
やっぱキラ様は自分で言ったとおり「裕福な子供」なんだなとしか。
私は裕福な育ちじゃないし、すでに大人だし。
裕福も子供もそれが悪とか罪なわけじゃないから、
キラの理想を悪と退けることはできない。
けどその理想を恐怖の力で現実にしようとするのは良くない
まして自分を神と言うのは絶対にダメ。
それは神話の時代から、人間のもっとも危険な思いあがりとして
戒められてきたことですよ。

でももしも、Lが生きていて、けれど世間が月に味方し、
キラ社会が築かれていく&Lが追いつめられるプロセスとかあったら、
キモ怖いほどおもしろいだろうなと妄想しちゃった。
デスノートの本筋とは外れるけど、
飛鳥了が主役のデビルマンみたいだ。
じゃLは不動明なのか。目の隈しか一致してないよ(笑)

それで結局なんだったっけ?
あ、そう美形悪役の末路よろしく月の演説は否定され
最後は月が自分がしてきたことと同じやり方で命を奪われると。
納得。
月はあれくらいがっつり神の思い込みを引きはがされ、
死への恐怖むきだしで死んでもらわないと、
彼に殺された人たちが浮かばれません。
が、考えとして月が正しいのかLの側が正しかったのか、
その答えは明確にはださないと。うむ
とても順当な終わり方というか、締め方でした。

そしてなんですかHOW TO READの13巻ですか!
Lの本名カードで公開って(泣)
そんなんでスペシャルシークレット明かすなよー
11月の映画後編のため?だったらむかつく
そのぶん映画でLの名前が活きてくるとか
あの安い映像がグレードアップするとは思いにくいだけに余計に。
松山君のすっかりL化には期待してるので後編見たいけど
監督まともにLの存在感出してくれるのかが不安だよ。

10月にアニメも始まるんですねー
楽しみですがじつはアニメそのものには属性ないので
出来不出来とかたぶんわからない。そのほうがいいのか。
来月は小説だし今年いっぱいはデスノコンテンツのお客さんです
Lはどうみてもコンテンツの看板商品だしね。


nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

清水マリコ

たぶん何かの間違いだと思いますが、この記事に、
同じ内容の記事が何度もトラックバックされていたので、
トラックバックを受け付けない設定にしました。
by 清水マリコ (2006-07-18 00:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。