So-net無料ブログ作成
検索選択

ありがとうございます [日記的]

前回、4年ぶりにブログを更新したら、思いがけずコメントをいただいて、とても嬉しかったです。
それ以前にも、ゲストブックのほうにもメッセージをいただき、こちらも本当に有り難く、みなさんのお言葉のひとつひとつに頭のさがる思いでした。編集部をつうじていただいたお手紙も大切に保管しています。
ということで、お礼をかねて、改めてブログを書くことにしました。
「生きてます」がいつまでも最新タイトルではあんまりですよね、広告も出ちゃうし(笑)

ずっと沈黙していましたが、とくべつ、自分が病気をしたとか、なんというか作家らしく?心を病んでいたということはありません。私事で忙しくしながらも、アニメ映画ドラマや舞台も変わらず楽しんで暮らしてました。
ただ、なかなかお仕事が進められないので、ここでブログを更新してると「ブログ書いてる暇があるなら原稿をやれ」と思われてしまいそうで、それもそのとおりだから書けないな、と……[雨]
じゃあいまこうしてブログを書けるくらいにお仕事が復調してるかといえば残念ながらそうとも言い切れないのですが、あんまり登場しないでいると、自分自身、自分が清水マリコであることを忘れてしまいそうで、それも嫌なので戻ってきました。
と、こう書いて、筆名ってそういうものなんだと書きながら気づいた(笑)
清水マリコという名前を名乗り、そう呼ばれ、その名で発表するための作品を書いていないと、自分のなかの筆名の濃度が下がってしまう
あくまで書き手の私のなかで、ということです。
やっぱりちゃんと自覚的に、自分は何を書いてきたのか、書いていきたいのかを意識して、その自分として書いていないとだめですね。
それに気づけたのも、こんな半分廃墟になったかのようなブログを訪れてくださった方、コメントを残してくださった方々のおかげです。
ありがとうございます。
編集さんと時々面接(面接なのか…)するのも大切でしたが、それだけでは感じ取れないことってあるな
原稿やれと陰で言われるのに怯えつつ、また合間に出てこようと思います。
   
それはそれとして「半分廃墟になったかのような」微妙な少女趣味のブログという体裁自体は嫌いじゃないので、劇団のほうも含めてサイトのリニューアル等はしません
ていうかリニューアルの仕方もよくわからない(笑)
自分が見る側にまわったときも、やたら動いて音の出るサイトは圧迫感あって疲れるから、古びた中で落ち着いてます。
   
とかいって、ツイッターやったほうがいいのかなと思った時期もありました[たらーっ(汗)]
が「ツイッターはバカ発見器」と友達が言ったので、そうなのかじゃあ私バカとして発見されそうだからやめるということで今に至る
あと、ああいうのをやると、自分が同業の方と繋がりがない、ぼっち物書きなのがバレバレになるのでやれないです(笑)
私はぼっちでも困らないけど、私の本を読んでくださる貴重な方々に「やっぱこの人ぼっちなんだ…ぼっちっぽいもの書いてるしな…」ってしんみりされるとせつないから
と書いて、次にこのブログを書くときには「ぼっちが素敵」みたいなタイトルにしようかなとちょっと思いました
それではまた!

nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 10

あんこ

初めまして。
私が中学生か高校生のころ、「君の嘘、伝説の君」と出会いました。大泣きしたのを覚えています。笑
それから夢中になって清水さんの本を読みました。あれからもう10年経ち、子供だった私もいろんな経験をして、変わりましたが清水さんの物語はいつまでも色褪せません。
自分を形成しているものの大きな一つです。
久しぶりにサイトを開くと、本も出されているしブログも更新されていて嬉しくなって初めてコメントさせていただきました。
何ができるというわけではないのですが、応援しております。
たくさんの作品を生み出してください。
by あんこ (2015-06-29 15:42) 

清水マリコ

あんこさん、コメントありがとうございます。
10代だったあんこさんに拙作を読んでいただけたこと、そしていまも、お心に物語を残していただけていることがとても嬉しいです。
これからも、いまの10代のみなさん、そしてかつての10代の方々にも楽しんでいただける、長く心にとめていただける作品をお届けできるよう、心をこめて書いていきます。
このブログはマイペースでのんびりですが、よろしかったら、またのぞきに来てくださいね。
by 清水マリコ (2015-07-10 22:31) 

やまもと

嘘つきは妹にしておく、を書店で見たとき、著者の名前を見て驚いたことを覚えています。パンプキンのノベライズで知っていたので。
終末の過ごし方、すごく好きでした。

嘘シリーズやゼロヨンも好きですが、ハートレス/ハートフルが、あのヒロインの真実は衝撃でもあり、納得するところでもありました。

どこかのインタビューで「男性も女性的なものを欲している」という言葉が、今も胸に残っています。
by やまもと (2015-09-10 11:45) 

むらさきことは

はじめまして。
非常に申し上げにくいのですが、先生の作品を一作も読んでいません。
というのも、最近テレビアニメ・シャーロットが終了した慰みにkeyのクラナド、AIRとさかのぼり、kanonにきて、その小説版を先生が担当していたことをつい今ほど知ったのです。
私はMF文庫のファンで、先生が新人賞の選考委員を務めていたことは知っていましたが、その後の活動は追っていませんでした。
なので、この機会にと追ってみたところ、ここにたどりつきました。

書き続けていただいて、本当にありがとうございます。

※ここからは私見です。不快にさせてしまう恐れがありますので読み飛ばしていただいても構いません。

私の本棚には何冊も断筆した方々の作品が収まっています。
そのあとがきには「次回作は~」「読者のみなさんからのお手紙のおかげで原稿用紙を埋められます」「書きたい物語はいくつかありますができるだけ早くお届けしたいです」と綴られています。
多くの読者にとって作家は「使い捨て」「面白ければいい」「そもそも〇〇〇ってだれ?」かもしれませんが、私にとって作家は「ひとりひとりがその色を出しながら輝き続けていってほしい」ものです。
なので、永遠に来ない「次回作」を待ち続けながら、「早く書けば・流行にのれば・とりあえず」な他作を書店で目にすると、もやもやしてしまいます。
私はラノベ作家をめざしています。
書き始めて五年が経ちますがいまだに一次を通っていません。
二年目に書いたものを三流エロゲ以下、三年目に投稿作をツィッターで編集長みずから駄作と評していただき、四年目でなろうのランキング入りした作品を削除して以降スランプに陥っています。
自分が作品とアイデアがまったく面白く感じられない。
プロットを書いては破き書いては破きを繰り返す日々。
この負の連鎖に耐えきれなくなり作家を諦める方も多いのではないかと思います。(私はあがけるだけあがいていきます。プロになって作品が枝を広げていき、やがて読者のものになったときの圧力の予備試練だと思っています)
ですが、コメントや返答を拝読させていただいたかぎり、先生は物語に対する独自の感覚と作品の色をもちつつ、作家としてつないでいく力も兼ね備えていると感じました。
売れればいい・売れているから文句ないだろスタイルで傲慢な態度をとっていたのなら、わざわざコメントを残してゆく読者さんもいないはずです。
私はデビューしか頭にありませんでした。
大切なものを取りもどすまで時間がかかると思います。
それまで、先生の作家としての在り方と作品を手本に、いつか必ず掴みなおして二度と離しません。
貴重なお時間をいただき、申し訳ありません。
by むらさきことは (2015-10-01 23:22) 

清水マリコ

>やまもとさん
コメントありがとうございます。
「終末の過ごし方」から読んでいただけてとても嬉しいです。
きっと大人の方ですね(笑)
「ハートレス/ハートフル」は、ずっと書いてみたいと思っていた
テーマでした。「男性も女性的なものを…」という思いは、こうしてものを書くお仕事をさせていただく中で、、読者のみなさまからいただくお言葉から、少しずつ生まれてきたものです。とても愛しく、これからも大事にしていきたいテーマです。
by 清水マリコ (2015-10-07 21:34) 

清水マリコ

>むらさきことはさん
コメントありがとうございます。
時の流れが止まっているようなブログですが、むらさきことはさんのお心に、何かが届いたのなら良かったです。
書き始めて5年めとのことですが、まだまだ始めの一歩ですよ。
デビューを目指して10年以上書いている方も珍しくないですし、デビューのあとも、プロットを書いては破くのを繰り返す日々は続きます。一生懸命書いたものを酷評されたら辛いのも、時に自分を見失い、自作の何がおもしろいのかわからなくなるのも、プロもアマチュアも同じです。ものを書いて、ひとに読んでもらいたい気持ちがある限り、ずっと続く迷いであり、痛みです。どんなスタンスの書き手でも、どれだけ売れても有名になっても、逃れることはできません。
だから安心してあがいてください。みんなあなたと同じですから(笑)
あがき疲れたとき、よろしければ、拙作を手にしていただけたら嬉しいです。
「自分だけの秘密の宝もの」を探す気持ちで書いています。
by 清水マリコ (2015-10-07 23:18) 

シマケン

お元気そうで嬉しいです。
また、素晴らしい作品を楽しみにしています。
感謝。
by シマケン (2015-10-08 16:25) 

清水マリコ

>シマケンさん
コメントありがとうございます。
お返事おくれてすみません。
また作品をお届けできる日を私も楽しみにしています!
by 清水マリコ (2015-11-15 22:04) 

とうもい

私が初めて購入したライトノベルが嘘庭でした。
toi8さんのイラストとタイトルの響きに惹かれて。
すぐに清水先生のファンになり、他の作品も手に入れて夢中になって読んだものです。
あれから少々時は経ちましたが、今でも時折先生の作品を読み返しています。
やはり嘘庭が好きですが友達から~もお気に入りです。何回読んでもキュンとします!
どうぞこれからもお体に気を付けてお仕事頑張ってください。
先生の次回作、気長に待ち続けています。
by とうもい (2015-12-23 14:37) 

清水マリコ

>とうもいさん
コメントありがとうございます!
お返事が遅れて本当に申し訳ありません。
気長に待っていただけるというお言葉、とても嬉しいです。
でも甘えてはいけないですね
早くいろいろと取り戻さなくては…(汗)
もしもどこかで拙作を見かけたら、
またお手にとっていただけるように頑張ります。
by 清水マリコ (2016-03-04 02:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。