So-net無料ブログ作成
検索選択

近況でございます [日記的]

パソコンモニターを買い換えてから
異常に目が疲れて肩がこります。
なんか、画面に妙な張りつめた感じがあるというか
横にちらつきが走る気がしてつらいつらい
輝度最低に近くしてますが、
まぶしさの問題じゃないよねこれは[もうやだ~(悲しい顔)]

◆「ノーカントリー」見ました

今年度のオスカー受賞作。
試写を見る機会をいただいたので行ってきました。
おもしろかった、けどこの映画
(親の代から)アメリカで生まれて育ってないと
底に流れる感覚、においが共有できないように思った
だからどっかで、全部味わいきれなかった感じが残る
日本の映画でもそういうのあるでしょ、
この国の風土や美意識に(遺伝的に)慣れ親しんでるから
理屈じゃなく伝わってくるものって。
宣伝チラシは殺し屋シガーが
ハンニバルレクター以来の凶悪さ、みたく
アピールしてますが、これキャラ映画じゃないと思う。
トミーリージョーンズは相変わらずいい
この人とブルースウィリスがいてくれれば
町の泥棒から宇宙人の侵略まで
全部守ってもらえそうな気がする
私はカウボーイハットのトミーリーなら
「メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬」
のが好きですが。

映画の内容と関係ないけど
エンドロールになったとたんに
しゃべり始める人が何人もいてがっかりでした。
この映画以外でも、このごろ何度も経験してます。
べつにエンドロール見たくなければ見なくていいよ
でも、余韻を味わってる人や、
エンドロールも映画の一部と楽しんでる人の
邪魔しないでほしい。
しゃべりたいならロビーへ行け!

◆「イチャイチャしたい。」ツアー行きました

ミッチーです。
今年もピンクのスーツ着て、
はやりのガールズ雑貨店みたいなキラキラピンク[ぴかぴか(新しい)]
ステージで歌って踊ってくれました。
なんだかんだでもう10年くらい行ってるミッチー
でも私はミッチーの恋人になりたいわけじゃなく、
ミッチー本人みたいになりたいんだな。
彼の歌詞のセンスとか、表現に対する考え方とか
理想主義的な生き方が好き。

もうみんな気づいているでしょう
この世界は偽りばかりです
いまだけのためにそろそろ生きてみよう♪

かっこいー
おちゃらけててもアタマいいのを隠せないミッチーが好き
芸能人としては要領よくないのかもしれないけどいい。
「一日だけ女の子になれたら何をしたいか」というベイベの質問に
「コスプレ」と答えてしまうミッチー
なんのコスプレ?と会場につっこまれ
「マニアックになるからいわない」
「引かないから言ってー」
「ラクス・クライン」
「……」(誰それわからないの空気でやっぱり引かれる)
そんなミッチー38歳が大好きだ!
ラクス・クライン(ガンダムシード)は私もわからないけど
前にサイボーグ009のコスプレで
「誰がために」歌ってくれたときは泣いた(笑)
ミッチー絶対私と同じで
アルベルトハインリヒが好きだよね!←決めつけ

私の気持ちはベイベー(ミッチーは女性ファンをこう呼ぶ)じゃなく
男子諸君(男性ファン)に近い感覚だと思う
憧れてるけど、どこかに嫉妬みたいな気持ちもある。
という話をミッチー仲間のりえちゃんにしたら
「それって私が哀川翔に感じる気持ちと一緒だね」
いいけど哀川翔になりたいんですかい……

◆ユア状況

キヨ先生シナリオプレイ中~
カフェで意地悪美少女りかのをあしらうシーンの
置鮎龍太郎さんの演技が異常に好きで
何度も聞いてしまって進まない☆
「俊一は、一生懸命な子が好きだから、
海ちゃんが余裕持ってるとだめかもね」
たぶん全然萌え台詞とかじゃないんですけど[あせあせ(飛び散る汗)]

キヨキャラソンがとても好きという話を
ここでしつこく繰り返してる私。
(もちろんキャラソンはみんな好き)
ゲーム中ではまだ聞いてないんですが
ドラマチックで歌謡曲っぽい、馬飼野康二っぽい?
感じが好きだ!
作詞は高井ウララさんで何度もお会いして存じてますが
作曲されたのはどんな方なんだろ?と思って
お名前でネット検索してみました。
そしたら「君が望む永遠」のゲームOP「Rumbling hearts」を
作曲された方だったんですね!
びっくりー
私、この曲も大好きで、たしか君望ノベライズの
あとがきにもそう書いたと思います。
いまもカラオケに入ってると必ず歌ってるんですよ。
もう戻れない~傷つくことをためらっていた幼い日々~♪
こんな感じで、自分の好きなものにじつはつながりが
あったんだって発見するのは楽しいですよね。

ダラダラ書いてたらまた目が痛くなってきた
目薬して気分転換して仕事に戻ろ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

すてきなおくりもの [日記的]

友達が骨董市で見つけたと言って送ってくれました。


すてき!
じつは私の劇団「少女童話」の名前はここから
とってるんですよね。
送ってくれた友達もたぶんそのことは知らないと思う。
画像の本は昭和35年の刊行ですが
その後も装丁を変えて何度か出ていて、そのうちの一冊が
子どものころ家にあったんです。
で、少女童話って言葉の響きと本そのものの雰囲気が好きで
ずっと本棚に置いていたのを、劇団の名前を考えるときに
ふと思いついてつかったのでした。

という思い入れもある「少女童話」
装丁もいい感じですが中身もいい!
お話にも文章にも澄んだ清潔な美しさがあって、
このころの空気や人の心も美しかったのかなあと
夢見させてくれます。
短編集なのですがそのひとつ「おばあさんの花」は、
四つか五つのころ失明してしまったおばあさんが、
ほのかに覚えている「色」というものの記憶――
桃の花の桃色、菜の花の黄色をふとよみがえらせるお話です。
きっかけは、桃や菜の花の香りなのですが、
それはおばあさん(このころはお母さん)の息子が
いたずらに花をつみ、その指にうつった残り香なんです。
やがて、子どもは成長して、母の手を離れてしまいます。

もちろん、花を手にとって、かいでみようと思うなら、
それらの花は、たんぼのどこにも、さいているのでありましたから、
とってもらってかぐことは、できたにちがいありません。
しかし、そういうやりかたではなく、たまたまに、あたらしい花の
においをかぎつける機会はいってしまいました。

これ童話じゃねえよ! 文学だろ!
うつくしいよ。
こんなん小学三年生向けに読ましてたのか50年前。かっこいー。
最後にその子どもが大きくなって、おばあさんは孫を持つ身になり、
孫が子どもと同じように摘んでどこかへなくした花の残り香で、
またあの、ふいに感じるから鮮やかな色の記憶をよみがえらせる
場面でお話は終わります。くうー。

少女童話は一年生(向け)から六年生まで
学年ごとに出ていたようです。
キャッチがまたピュアで美しいの。

やさしい日本の少女たちよ
花がめには花を、
心には、いつも美しい夢をたやさぬよう

これはあなた方に心をこめておくる
お話の花束、ゆりかごの歌

うわーん……
いいなあー私もこういう心の底に透明さを感じる
美しい物語を書いていけたらなーと思います。
やってることはエッチだったりイタかったり
いろいろですけどね!
でもいいの
現実の子どもは美しいものよりジャンクなほうを喜んだりしますし
私も「少女童話」と同時にジャンプや少女コミック
父親の買った週刊誌についてるエロ小説とかも読んでいたから。
同時にいろいろあって吸収したらいいと思うの
子どもも大人も。

裏表紙には当時の持ち主の記名があります。
「三ノ二 清水紀子」さん
友達も言ってたけど一字ちがいだ~
きっといろいろ不思議な力をくれる本に違いありません
ありがとう友達!
素敵な友達ですが飲み会では
私(女)「男の人ってそんなしっかり女を好きになったりしないよね」
友達(男)「ならないねー欲望はあるけどね」
別の友達(男)「まったくないわけじゃないけどね。
でもオレもカミさん好きで結婚したかどうかあやしい」
みたいな夢崩壊の会話もしてます。
もちろんそうじゃない男性もいるでしょうけど、私の周りは
上記みたいのが多数派だったりするんだよなー。
美しいものが美しいこととは矛盾しないけどね。

◆ユア状況

理人のグッドエンド見て、秀巳のグッドエンドも見ました
今後は拓→くーた→キヨ→俊一視点と見ていく予定
俊一視点行くまえにもう一度俊一やろうかな……
でも、これまでクリアしたキャラもみんなグッドエンドしか見ていない
バッドエンド見るの苦手なんだよな~
昔「ファイヤーエムブレム」というゲームが大好きで
狂うほどプレイしたものですが、結局一度も、
全員仲間で全員生存エンド以外を見なかった気が。
でもこのゲームは見ないとだなー
書くときは、バッドもそれなりに
楽しかった覚えもあるんですが。


あと何日かで今年も終わるけど [日記的]

けっこう関係なく仕事してたりして。
大掃除は微妙だけどせめて部屋の本を整理して
新年を迎えたい。
資料にと思って図書館で借りた本が延滞してる
大晦日までに返せるかなあ……うう
毎年こんな感じです。

そして毎年、年末のたびに
来年こそはもっと書こう、本を出そうと思う気がする
決して書いてないわけじゃないんですけど(汗
今年は日頃の自分のフィールドとは違うところでお仕事をして、
大変でしたが身になったことも多かったです。
悩んでゴハン食べられず3日で2キロ体重おちたり
(そしてすぐ戻ったり・とほ)
懐かしくも新鮮な幸せを感じる瞬間があったり
自分のなかでは振り幅の大きな一年でした。
表面はえらい地味ですが(笑)
新刊が「日曜日のアイスクリームが溶けるまで」1冊のみって。
だめですよ。
来年は、5冊とか自分的には無理っぽい夢はもう見ないで、
せめて3冊くらい出したいと願います……
MF文庫Jでも絶対新刊出したいです。いや出します。
相変わらずのニュー清水マリコになんとなく期待してください!

というわけで今年はこれで最後の更新です。
みなさま、どうか元気でお気をつけて
良いお年をお迎えくださいね。


近況でございます [日記的]

部屋の模様替えをしようと思って
ラックとかいろいろ買いました。
どこへ何を置くべきか迷いだすと、あっというまに
1時間2時間と過ぎてしまい、結局決まらなかったりで、
この時間なんだったのかと呆然です。
仕事用の椅子も買い換えようかと、ネットでいろいろ探したり
近所のハンズでコンテッサの椅子に座ってみたりしたのですが
なんかこう、ワーキングチェアって落ち着かないというか
目的からして当然ですが、ゆったりしきらないんですよね。
迷った結果、いまの椅子のガス圧を修理することにしました。
10年前に買った椅子ですが、座ったときの包まれ感と
椅子の上でL座りしても大丈夫なゆとりが(したのかL座り)
ほかになくてずっとつかってます。
先日はじめてカリモクの椅子だと気づいてびっくり。
好きなんだカリモク……おしゃれじゃないけど誠実ぽくて落ち着く
カリモク60のソファがほしい。

仕事がら、椅子と筆記用具にはお金をおしまないつもりの私。
でも結局、高すぎない国産品に落ち着くことが多いです。
原稿書くのはパソコンに直接入力ですが、
構想と決めどころは万年筆でノートに手書き。
万年筆はセーラーのプロフィット極細つかってます。
軽さやデザインだったら外国製でも素敵なのあるけど字が太い。
私の好きなマルマンのB罫にちまちま書いたらはみだしちゃうよ。
なぜとお店の人に訊いたら、外国製は漢字を書くことを想定してないから
ペン先を細くする必要ないんじゃないかと。なるほどねー
カリモクの椅子に座ってセーラーの万年筆で書く。
私は昭和のおじさんですな。

仕事といえば
ユアのプロモーションムービー?が公式サイトで公開中です
ドラマ予告編みたいでおもしろいのでよろしければ見てね。
私もよく見てます。

そして週末は有馬記念!
枠順でましたが全然わからない(笑)いつもわからないんですが
ウォッカとダイワスカーレットだったら
どっちがマヤでどっちが亜弓さんかなーとか考えてみる
「恐ろしい子」と言われながら波がある点ではウォッカがマヤかな
どっちにしてもそれじゃ予想にならないよ。
ポップロックは一応買いかな、これまでとらせてもらってるから
あとは~勝負じゃないけど松岡正海騎手が好きなので
(タレ目釣り眉のバッテン顔・名前が「まさみ」で男女兼用・
口が達者で器用そうだけど抜群じゃないなど細かくツボ)
コスモバルクも買っちゃおうかな馬も好きだし。

MF文庫Jの編集部さんから
クリスマスのお菓子をいただきました。
ありがとうございます。
お菓子と一緒に「地を駆ける虹」の2巻が入ってました。
よーしお菓子を食べながら読もうと思ってひらいたら
最初のページでいきなり(ネタバレ略)
食べながらはやめてまじめに読みます……

なんか今回いつにもましてまとまりないこと書いてるな。
ま、いいや
今年中にまたここを書けるかわからないけど
みなさんにメリークリスマス~


母校へ [日記的]

とっても久しぶりに江古田へ行ってきました。
駅も駅前も相変わらず半端に古くてごちゃごちゃ狭く、
店の入れ替わりは多少あるけど、
居酒屋黒田武士(微妙な当て字)とか
なにがいるのかわからない水槽並べたアクアショップもどきは
私が学生だったころと変わらずにあったりして。
あの店、どうやって採算とってるんだろ……
でもあの半端な水槽を見て、昔、受験で江古田駅を降りたとき、
あ、私は絶対この町に通う、通いたい!って
妙なインスピレーションあったのを思い出しました。

今回は、日大芸術学部文芸学科の先生のおまねきで
ゼミ雑誌の取材に協力させていただいたんですね。
私は演劇学科出身ですが、いまの仕事のおかげで
こんな形で母校訪問できて嬉しいです。
でも行ったらキャンパスはプレハブの仮建物ばっかりで、
どこも工事中で壁だらけ、ダンジョンみたいでびっくりです。
昔の学食の建物も、建て替えでなくなってたんですが
学食は相変わらずまずいと学生さんから聞いて笑いました。
ほんと、昔っからまずいんだよなー
あれは学生に学食を利用させず、周囲の店で食わせようという
商店街との密かな談合じゃないだろうか。

先生と、ゼミの学生さんたちと、ノベライズとオリジナル
書くときに気をつけてることの違いとか、
小説を演劇的にとらえて書いてる書き方とか、
いろいろお話できて楽しかったです。
とっても楽しかったけど、私このごろ、先輩面して
偉そうなことばかり言ってるんじゃと個人的に反省。
少し前にMF文庫Jの新人作家さんとお話したときも思ったのですが
あーだこーだと自己解説するより、作品で、
みなさんを刺激していけるようじゃないとダメです自分。
ぐおーがんばれ。もっと書け。

しかしやはり、フレッシュな時間は大変有益でありました。
時間があったら、もっと江古田でゆっくりしたかったな。
学生時代にしょっちゅう行った喫茶店に行けなかったのが残念です。
ムッシュポルト食べたかったなー。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

めずらしく沈んだ日 [日記的]

少女童話のサイトのカウンターがずっと壊れていたので外したら
トップがいろいろ変になってたので直しました。
気づいた方はそんなにいないと思いますが……

これだけではなんなので近況でも書こうと思ったのですが
タイトルどおりこのごろちょっと沈んでます。
べつに特別つらいことがあったわけじゃなく
ずーっとやってた仕事が一段落?したら、
気が抜けちゃったのかもしれないです。
「地球へ…」のアニメ終わっちゃったし。
先月の神戸新聞杯でドリームジャーニーが勝ったのは嬉しかったけど
ちょうど出かけて馬券買う時間がとれず
中継もリアルタイムで見られなかったので
勝っただけにちょっと寂しかったしー。

沈むときって誰にもありますが
こうやってダラダラ沈むにまかせて
一日を無駄っぽく過ごしてしまった、
やることはたくさんあるはずなのに、という自責によって
ますます沈んでしまうことってありますよね。
いまそんな感じの精神状態。

けど、こうして書くことで浮上することもあるのは
経験的によく知っているぜ。
何か楽しくなれることを書こう
「地球へ…」のアニメで良かったところは。
ずっと良かったけど、シロエが散る回と、
ナスカでミュウの長老と若者が価値観の違いで
揉めるあたりがとくに好きだったな。
シロエの回は完全に私の個人的な趣味です。
失われた過去の自分を求めるあまりに
少しずつみずから滅びてしまい、
やがて現実と妄想の境目を失い、
どこでもない世界へいこうとするシロエと
彼に追いつき、彼を取り戻そうとしながらそれはできないと
知っているキースのぐるぐるした展開最高でした。
ナスカのあたりは、土曜の6時アニメで
こんな娯楽じゃない内容グダグダやってることに感激。
私が子どものころ見てた昭和アニメって、こんな感じで
妙に説教くさくてシビアだったので懐かしかった。

楽しいようだけどポジティヴじゃないぞ。
次のネタ
ねんどろいどのLが来た! かわいいー
いま机の前で携帯電話をL持ちしてニヤリと笑ってます。
Lといえば?太宰治の「人間失格」が、
小畑健先生の表紙@月っぽいキャラ、で
すごーく売れたそうですね。
じゃあってことで勝手に第二弾を想像して
Lっぽいキャラの表紙ならぜひ、
坂口安吾でお願いしたいです。
「堕落論」もかっこいいですがここは狙って
「不良少年とキリスト」で! うはー

 死ぬ時は、ただ無に帰するのみであるという、このツツマシイ人間のまことの義務に忠実でなければならぬ。私は、これを、人間の義務とみるのである。生きているだけが、人間で、あとは、ただ白骨、否、無である。そして、ただ、生きることのみを知ることによって、正義、真実が、生まれる。生と死を論ずる宗教だの哲学などに、正義も、真理もありはせぬ。あれは、オモチャだ。
  しかし、生きていると、疲れるね。かく言う私も、時に、無に帰そうと思う時が、あるですよ。戦いぬく、言うはやすく、疲れるね。しかし、度胸は、きめている。是が非でも、生きる時間を、生きぬくよ。そして、戦うよ。決して、負けぬ。負けぬとは、戦う、ということです。それ以外に、勝負など、ありゃせぬ。戦っていれば、負けないのです。決して、勝てないのです。人間は、決して、勝ちません。ただ、負けないのだ。
(「不良少年とキリスト」角川文庫「堕落論」改訂六十二版より)

沈んでるときにこんな文章引用してる私ってMかと。
なんかねーがんばれって励まされるよりも
それでいいよって受け入れられるよりも
ただかっこいい言葉に触れる、あるいは美しいものを見る、
それだけで、生きててよかったってちょっと思えたりするんですよねー。

とりあえず、明日は今日よりも早く起きよう。
プールでも行って泳いでくるかな……


置いてかないで清水マリコ高校 [日記的]

とってもお久しぶりです。
ずっと仕事でただパソコンに向かってる日々でさみしいので
「高校メーカー」で清水マリコ高校とかやってみました。
校訓・出身者職業・校歌のどれも納得しました。
そうだよね
そんな感じだよ。

置いてかれないように私がとった行動
・「地球へ…」のアニメを毎週見た
・「ヱヴァンゲリヲン」の映画を見た
・「ねんどろいどL」の予約をした
あんまりついていけてない気がしますがこれで精一杯……

でも「地球へ…」は今週末で終わってしまい
競馬でも私の好きなドリームジャーニー東京で走ってくれそうもなく
10月から何を楽しみに生きればいいのか心配です。

またいずれ、お仕事のご案内もできると思います。
そのときはよろしくお願いします~


日曜日はダービー [日記的]

相変わらずじごどずごーぐ大変ですが超楽しみです。
全然まじめにデータ予想とかできないんですが、
競馬ドラマ、ロマンが好き。
ああそうさだから拙著「日曜日のアイスクリームが溶けるまで」の舞台は
競馬場なのさ。遊園地とか、もっと甘めの空気の場所も考えたけど、
立ち食いうどんのかつおダシのにおいと青空の下とは思えないレベルの
タバコのにおいが混じったあの場所、
そこにかっこつけてバラ植えてどうすんだよのあの場所だから、
思い込みだけで成り立つイタいロマンスも許されるように
思ったのでした。
人間が勝手に、馬にドラマ与えて因縁の対決とか父と子の執念とか
レースに見るけど、馬はただ、一生懸命に走っているだけで、
思い込みのなかにしかドラマはなくて、だから美しいんだ馬もドラマも。
そこにあるものは生でリアルで誰もあなたのためのサービスをしない、
レジャー装ってるけどもとは鉄火場、アレは演劇に近い何かだ。

演劇で競馬といえば、かの寺山修司も競馬大好きだったんですよね
だから以前「終末の過ごし方」というゲーム
ノベライズさせていただいたとき、原作ゲームに寺山の名前を見て、
思わず台詞に混ぜてしまった
それと違いますが「ふりむくなふりむくな後ろには夢がない」という
フレーズを、聞いたことある方もいると思います。
あれは寺山が昭和の名馬ハイセイコーの引退によせた詩の
一説なんですよ。

でも今年のJRA、織田裕二のコマーシャルはいまいちだと思うの
織田裕二の顔にはギャンブルがない
中居くんの軽薄なシリーズのほうが好きだったなあ

そんなわけで私の明日の本命は8番ドリームジャーニーです。
上の文ととくにつながりはありません
可愛くて小さい、ちょっと気性がアレなところが萌え萌えなんだな
それねえよ、と競馬知ってる人なら思うかもですが、
いいの私は素人だから。
明日はドリームジャーニーと、普通にみんな買いそうな馬券にしとくよ
がんばれ~
万一勝ったら泣いてしまってメイク総崩れなので
化粧ポーチ持って応援します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

近況でございます [日記的]

アニメデスノの感想は予想してたけどあっさり挫折…
やっぱし、私はアニメを普通に楽しむ以上に
楽しむのがヘタなのだと思います。
「時をかける少女」も、とってもおもしろかったけど、
泣いた、激ハマったという感じじゃなかった。
同じ筒井康隆先生原作の「パプリカ」は
まだだけど絶対見ますけど!
原作の大ファンだから。
千葉敦子/パプリカは七瀬みたいな筒井作品の女神ですてき。
彼女に頼りつつ彼女を守る中年男たちがまた、
私のファザコンを突きまくるんだ!
そして女性読者サービスキャラの小山内は
ダヴィンチコードのシラスポジションぽくて萌えー(笑)
見る前にまた原作読もうかな。
ああーやっぱりアニメから話がそれちゃったーー

仕事はずっとこつこつしてます。
結局今年も2冊しか本出せなくて超がっかり(泣)
もっとたくさん本を書けるように、まずは体力と思っていろいろしてます。
運動苦手なのにジムでトレーニングとかしたりして。
効果出てるかどうかはわかりませんが、腰痛は少しよくなったかな?
しかし
書くことは好きで、好きだからこの仕事をしているわけですが
いろいろと考えたり悩んだりすることも当然ある。
これは私だけではないと思いますが
物語を作って、作り進めていくと、どんどん、物語の世界に
自分でハマって、どっか妙なところへ心が行ってしまうこと
あるじゃないですか。あるんですよ。
あれって行ききってしまうと気持ちいいけど、行くまでは私の場合苦痛
ちょっと調子いいと思ったら、二歩先で谷に落ちてげろげろと思ったり。
そして書き終え、行った先から戻ってきたあと、
次のお仕事始めるときに、
ああまたあの苦痛を味わいながらあそこへ行くのか、
あと何回あそこへ行けばいいんだろうといろいろ考え、
それでも、あの場へ行きあの景色をみなさまにお見せすることで
生きていけるのはとても有り難いことなのだから、
あと何回、行かせてもらえるのだろうかと考えるべきだと思い直して、
また妙な不思議ちゃんスポットとか探検しに
地図を手に取材へ行くわけです。
がんばろう。
効率よくない書き手ですけど、読んでくださる方がいることを支えに
来年も書き続けます。

そんでデスノがスピンオフでLの映画ですって!?
なにがそんでだ
いえだってびっくりじゃないですかLでL主役で映画ってあなた。
どうなるんだよまた金子なのかよ誰が出るんだよとかいろいろあるけど
とりあえず、Lが事件を解決する話ならオッケーと思って楽しみにします。
松山くんのLすばらしく大好き

↑ファンサイト巡っていて見つけてとっておいたバナーを
貼りつけてしまうくらい好き。唇とか指とか完璧すぎるよ。
松山くんもひょっとしなくてもとてもいい役者なので、
映画でこれからも活躍してほしー
この先はLのスピンオフ映画とポールベタニーの新作を希望の火に
生きていきたいと思います。あ、あと009の完結編小説、
注文してあるので届いたら読まなきゃ。ハインリヒ死んじゃったら超いやー
だめだわ私の萌えツボってわかりやすい。
映画やデスノ小説の項目にぽちぽちトラックバックいただいて嬉しいです。
L、ポール、ハインリヒ、誰か一人好きな方はきっとあと二人もツボなので
うっすらお薦めしておきます~


どうでもいい話 [日記的]

いまカップヌードルみそ味のコマーシャル
味噌つき! 大味噌つき!」
「味噌じゃない!」
「味噌は味噌でしょう!」
みたいのやってるじゃないですか。
あれ見るたびに
「味噌つきは妹にしておく」
「君の味噌、伝説の君」
「侵略する少女と味噌の庭」とか考えちゃうんですよねー
どういう話だよ。

仕事予定よりまた押しちゃって大詰め中です……
くだらないことを考えていないでがんばるんだ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。